森へ帰る

2020年09月15日

ひどく落ち込んだ時、どうやって自分を立てなおせばよいのでしょう。

 

私は森へ帰ります。

人気のない森の中を一人黙々と歩くと、ただ歩くことだけに集中します。

地図や標識を頼りに、道に迷わないように集中します。

岩場や、切り立った細い道を歩くときは、落ちないように、踏み外さないようにと集中します。

普段、自分なんてもういつ死んでもいいと思っていても、山で危険と隣り合わせになると、「生きて帰りたい」と、まだ生への執着があることに気づかされます。

 

なんて、危険な登山はほぼゼロの、日帰り一人なだらか森歩き専門の私ですが、そうは言っても一人歩きはスリルがあります。

 

空気が軽やかになり、空は澄み渡って、とてもよい季節になりました。

今回は、人が多いメジャーな山頂を目指さず、静かな苔むした森を歩きたいという、あまり体力に自信のない中高年(つまり私)におすすめの森歩きをご紹介します。

(ちなみに「行き」は誰にも会いませんでした。さみしがり屋さんにはおすすめしません。)

20200915