高気密の断熱材はアクアフォーム

2019年12月04日

現在の住宅は高気密、高断熱が当たり前になってきています。グラスウールなどの繊維系断熱材と比較しますと1.5倍くらいの断熱性能を誇ります。壁内結露も少ないので断熱性能が劣ることもなく長期間快適に居住できます。

でも心配なこともあります。気密性能の向上によって隙間が少なくなり、室内の換気がおろそかになり体調を崩してしまってはいけません。そこで気密住宅には換気システムが搭載されています。24時間計画換気をして新鮮な外気を取り入れ室内の汚れた空気を排気する住む人の健康を配慮したシステムです。外気の吸気と排気を同時に行い、また季節に合わせて快適な室温に近づける「熱交換機」が主流になっています。当社で扱っていますパパまるハウス、桧家住宅ももちろん標準で採用していますので安心、安全な建物です!!

 

高気密、高断熱の頼もしい見方アクアフォーム

24時間換気システム熱交換機